男女の出会いが縁のある出会いにつながるには

男女の出会いが縁のある出会いにつながるには

出会いが少ないと嘆いている方は、とても多いですよね。

 

出会いが無いという悩みに関してありがちな回答が、そのうちきっとあるって、というような根拠の無い励ましです。

 

出不精な生活している限り、会社と家との往復をしている限り出会いはないという回答もよく見かけられます。職場に異性がほとんど居ないなら、職場以外にも居場所を作らないと!スポーツジムでもいいし、何か語学習得学校でもいい、資格取得学校でもいい、テニス習ってもいい、なんていう回答もとてもよくある回答です。

 

そこで、出会いが無いと嘆く人はスポーツクラブに通ってみたり習い事を初めてみますが、結局、行動しても出会いはありませんでした。というループの悩みに陥ります。よくあるパターンですよね。

 

出会いが無い一番の原因は、出会いが無い無い、と言いつつも、いい出会いないかな〜?と心の中では出会いを求めるているから出会いがないと言い切れます。これが仮に行動できても出会いに至らない大きな原因です。

 

人を色眼鏡をかけるような目つきや雰囲気は、他人には分かってしまうことがあるからです。

 

隙が無いのも、出会いを求めているからこそ起きる現象で、変な異性には引っかからないようにしようと気張って自分を守りすぎているからこそ、隙が無くなり出会いが起きないという悪循環の流れになっていきます。

 

焦り、色眼鏡で他人を見る、苛立ち、気張って隙が無い、などは出会いを求めているからこそ出てくる感情や現象です。

 

出会いは、出会いに関して何も考えていないときに起きやすいです。自分自身を大事にして自分を充実させて、出会いに固執しなくなった状態で自然体で出会いに対して望むと、出会いがおこります。矛盾しているようでいて、これが男女の出会いの法則になっています。

 

出会いを求めていないときというのは、人は自然体でいられるので、それが逆に出会いに発展しやすいからです。

 

その他の理由としては、腹のくくり方が足りないから出会いが起きないというのも大きな理由になっています。腹のくくり方が足りないというのは、悪縁異性を断ち切らない、事情もないのにいつまでも親元で甘えている、生活基盤がしっかりしていない、などなどです。こういうことをしている限りは、口先で出会いが欲しい、出会いが欲しいと言いつつも、異性との出会いに対して本気度数が足りないと言い換えることができるからです。